初期症状がない胆のうがん

診察室

自覚症状がほとんどない

胆のうがんはほとんど自覚症状が無いがんとして知られています。胆石症を合併している場合などは腹痛や発熱など胆石症の症状が出る事から発見されるケースが多いです。そのため、胆のうがん自体の早期発見が難しいとされています。

発見が遅れると治療困難も

胆のうがんは早期段階の自覚症状が無いため、早期発見が難しく、何か症状が自覚できる状態になってからでは手術が困難なほど症状が進行している可能性があります。

超音波検査で早期発見

胆のうがんを症状が出ないうちに早期発見するためには、人間ドックなどで超音波検査を受ける事が重要です。安心して生活を送るために、超音波検査を受けるようにして、再検査を勧められたら必ず再受診するようにしましょう。

胆のうがん治療の口コミ

治療実績で病院を選んだ

胆のうがんにかかった時に、どこの病院に行くかが迷いました。早く治療しなければいけないけど病院選びは慎重にしないとと焦りと迷いがありましたが、治療実績がホームページに載っていたのでそれを参考にして病院を選びました。

早期発見が重要

胆のうがんは特に早期発見が重要と聞きました。超音波検査で胆のうがんの早期発見ができるようですが、人間ドックでも必須の検査ではないので、これからは超音波検査を人間ドックの度に受けるようにします。

がん保険を早いうちに

私が胆のうがんになって後悔したのは、がんだとわかってからでは保険に加入できないことです。がんと闘いながら治療費の心配もしなければならず辛かったので、早いうちにがん保険に入っておくことですね。

厚生労働省指定の病院に

私はがんになって初めて、厚生労働省に指定されているがん診療連携拠点病院を知りました。質の高いがん治療を受ける事ができるので、胆のうがんと分かった後すぐにがん診療連携拠点病院に相談をしたのです。そして、無事にがん治療を受ける事ができました。

セカンドオピニオン

胆のうがん治療にはたくさんの不安があったので、私はセカンドオピニオンを利用して様々な医師の意見を聞きました。この治療方法で大丈夫だという安心を得られますし、今の治療方法の他にも治療方法が分かると、自分で選択肢を選べることができるので安心して治療を受けられました。

胆のうがんQ&A

再発防止にはどうしたらよい?

早期治療により胆のうがんは転移することなく治療することができます。しかし、不安はあると思うので、術後に免疫療法や高濃度ビタミンC療法を行なうことで再発予防がより効果的になります。

抗がん剤治療の効果を上げたい

胆のうがんの手術が困難な方には、抗がん剤での治療を施しています。この抗がん剤治療の効果を少しでも上げるために免疫療法や温熱療法で効果の底上げをすることができます。

術後補助療法とは?

がん治療では手術後にがんの再発や転移を防ぐために術後補助療法を行ないます。種類として抗がん剤治療や放射線治療があります。患者の症状やがんの具合によって術後補助療法を行なうかどうかは変わります。

術後補助療法で効果的な方法は?

術後補助療法は併用して治療を行なうことができます。抗がん剤治療と通常の治療を併用することで抗がん剤の副作用を抑えることができ、効果の向上を期待することができます。

免疫治療は辛いものですか?

抗がん剤治療とともに行なわれる免疫療法は、副作用や苦痛がなく受けられるものです。体力が落ちてしまった方にも安心して受けられる優しい治療方法となっています。

広告募集中